スポンサード リンク

喉の病気カテゴリの記事一覧

喉の違和感の原因

私たち人間にとって身近な器官である喉ですが、喉が調子がいつも良いとは限りません。「喉の調子が悪いなぁ」と感じる原因の一つが、喉の違和感です。

喉の違和感を一度感じると、かなり不快な思いをすることがあります。喉の違和感はなかなか取れるものではないので、できることなら喉の違和感を経験したくないものです。ではそもそも喉の違和感はなぜ起きるのでしょうか?

喉の違和感の原因は二つの種類に分けられるかもしれません。一つは身体的なもの、もう一つは精神的なものです。身体的な原因の場合、喉の奥の部分が腫れていることなどが原因かもしれません。または食道などに何かの症状が原因で、喉に違和感が起きていることも考えられます。いずれにせよ、身体的な原因があるようであれば、病院で診察してもらうほうが良いでしょう。

喉の違和感で問題なのが、精神的な原因の場合です。精神的な原因が何かは、なかなか分からないものです。喉に違和感があるのに、どこも腫れていないし、熱などの症状もでてこないとなると、おそらく精神的なものが原因となっていると考えて良いかもしれません。ただ自分で判断する前に、一度病院で診察してもらって、喉の違和感に関係する症状が本当に出ていないことを確かめるようにしましょう。そして喉の違和感に関係する症状が何もないようであれば、精神的に圧迫されていることが何かないか、落ち着いてよく考えてみることができます。周囲の人への相談が、精神的な原因による喉の違和感を解決する近道かもしれません。

喉の病気

喉の病気

私たち人間にとって、喉は身近な器官です。呼吸するとき、声を出すとき、食べたり飲んだりするとき、どれも必ず喉を使います。喉を使っていないときは一瞬たりともないと言っても過言ではありません。

それほど身近な喉ですが、喉に関係する病気は意外と知られていません。風邪をひいたときに喉が痛くなるとか、高熱が出たときに喉が赤くなったなど、他の病気に感染した病気の影響が、喉に出てくるというイメージがあるのではないでしょうか。確かに喉の病気というよりは、病気が喉に影響することが多くあります。しかし実際には、その病気の原因は喉にあることもしばしばです。

では喉の病気にはどんなものがあるのでしょうか?よく言われているのが「喉風邪」です。この喉の病気には、おそらくほとんどの人がかかったことがあることでしょう。冬の乾燥した時期に、喉風邪にかかりやすいと言われています。この喉の病気にかかるのが、主に冬場なのはなぜでしょうか?それは、喉風邪の原因となるウイルスが繁殖しやすい環境が、乾燥した空気の状態だからです。また人間の喉には免疫機能が備わっていますが、乾燥した状態が続くと、喉の免疫機能が低下し、ウイルスの繁殖を許してしまうことになるのです。この喉の病気は、体の他の部分にも悪影響を及ぼしますので、できるだけ予防できるようにしておきたいものですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。