スポンサード リンク

喉の病気

喉の病気

私たち人間にとって、喉は身近な器官です。呼吸するとき、声を出すとき、食べたり飲んだりするとき、どれも必ず喉を使います。喉を使っていないときは一瞬たりともないと言っても過言ではありません。

それほど身近な喉ですが、喉に関係する病気は意外と知られていません。風邪をひいたときに喉が痛くなるとか、高熱が出たときに喉が赤くなったなど、他の病気に感染した病気の影響が、喉に出てくるというイメージがあるのではないでしょうか。確かに喉の病気というよりは、病気が喉に影響することが多くあります。しかし実際には、その病気の原因は喉にあることもしばしばです。

では喉の病気にはどんなものがあるのでしょうか?よく言われているのが「喉風邪」です。この喉の病気には、おそらくほとんどの人がかかったことがあることでしょう。冬の乾燥した時期に、喉風邪にかかりやすいと言われています。この喉の病気にかかるのが、主に冬場なのはなぜでしょうか?それは、喉風邪の原因となるウイルスが繁殖しやすい環境が、乾燥した空気の状態だからです。また人間の喉には免疫機能が備わっていますが、乾燥した状態が続くと、喉の免疫機能が低下し、ウイルスの繁殖を許してしまうことになるのです。この喉の病気は、体の他の部分にも悪影響を及ぼしますので、できるだけ予防できるようにしておきたいものですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。